卓展2017

Xequalについて

UXとプログラムの卓

初心者歓迎

「Xequal」はUXプログラミングの卓です。自分の好きなものに共通するうれしい体験(UX)を得られる作品をプログラムを用いて作ります。プログラミング初心者でも問題ありません。卓そのものも楽しく活動できるよう運営していきたいと考えています。

メンバー

4M はかせ(メガネ担当)

謎の組織に改造されIQ1006のマッドサイエンティストになりました。
好きなUX:パターン、閉塞感、裏切り

4M おおかみ(おおかみ担当)

不安な夢からふと覚めてみるとベッドの中で狼男になっていました。
好きなUX:階層構造、もふもふ、変身

4N えむしー(ラップ担当)

韻はすぐ思いつくのに、日常会話が下手。フリースタイルとは何だろう。
好きなUX:疑似体験、参加型、横ノリ

UXについて

UXってなに?

ISO 9241-210:2010による定義

「製品、システム、サービスを使用した、および/または、使用を予期したことに起因する人の知覚(認知)や反応」

簡単に言うと「使用者が得る経験」

UXを身近なもので捉えると、例えば「布団の寝心地」であったり「炭酸の爽快感」です。つまりは、何かをした時やそれを想像した時に得られる「きもちいい」や「たのしい」、「まずい」といった経験そのものです。

UXデザインってなに?

経験をうれしいものに

使用者が良い経験を得られるようにするデザインを「UXデザイン」と言います。例えば、ボタンの押し心地を軽快にしたり、カーソルの追従を滑らかにしたり。ユーザーの立場に立った「経験」のデザインを指します。

卓の内容について

卓で学べること

UXの理解

UX(ユーザーエクスペリエンス)の基本的な知識やUXデザインの手法について学びます。UXとは何かを理解することを目的としています。

アイディア出しの手法

曼荼羅チャートやKJ法などの手法を実践し、UXの抽出やアイディア出しを行います。学んだ手法を今後も活用できるようになることを目的としています。

プログラミングの基本知識

プログラム言語であるJavaを使って基本を学びます。自分で調べながらプログラムを組めるようになることを目的としています。

その他(arduino、htmlなど)

製作物の必要に応じて、物理的な装置作りに使用するマイコン「arduino」やwebコンテンツとして実装するためのhtmlなどを学べます。

read more...

卓で作るもの

「うれしい体験」を得られる作品

前述した通り、プログラミングを用いて「うれしい体験」を作ります。作品形式は特には問いませんが、プログラミングを用いることを前提としています。
※リッチなエフェクトを作成することが目的ではありません。

例えば

  • 爽快感(UX)を得られるシューティングゲーム
  • 緊張感(UX)を得られる起爆スイッチ

募集人数

定員8名

この卓のメンバーには8名という上限があります。卓長がカバーできるであろう範囲として設定してあります。メンバーの様子によっては、これ以上の人数が参加できる場合もあります。

一年生優先

卓ですので下級生優先にしたいと思います。希望人数が上限に達した場合は特に一年生を優先して受け入れます。それ以外の場合で定員を超えた場合はじゃんけんによって決定します。

研究員

三年生の志望が多く嬉しく思っています。しかし四年生は2人しかいません。上限を定めたのも人数的負担を考えてのことでした。
そこで、卓の運営に関して協力して頂ける方を研究員とし、定員上限から除外します。
上級生であることを生かし、下級生へのアドバイスをしていただきたいです。
三年生の方に我々が教えられることも少ないということもご理解の上、ご参加下さい。
※白衣は各自でご用意ください。

参加するにあたって

必要なもの

パソコン

当卓ではプログラミングをするパソコンが必要になります。持っていない場合も相談してもらえれば対処できる場合があります。

楽しむ心

当卓では自分の好きな「体験」を作ります。成果物も重要ですが、製作工程自体も楽しめたらと考えています。

費用

基本無料

必要なものは大体こちらで準備する予定ですので、使用したいものがあれば相談してください。また展示スペース用の素材もこちらで準備する予定です。
※製作するものによっては材料費がかかる場合があります。

特典

3Dプリンターが使えます

作品に使用するパーツ生成などに利用することができます。

HMDが使えます

Oculus RiftなどでVRコンテンツを作ることができます。

向いている人

好きなものがある人

自分の「好きな体験」を実装します。好きなものがある人はやりやすいでしょう。

プログラミングに興味がある人

作品はプログラミングで実装します。興味がある方がより製作しやすいでしょう。

考えることが得意な人

UXの理解やアイディア出しには頭を使います。考えることが苦痛でない方が向いているでしょう。

人を楽しませたい

UXデザインはユーザーのためのデザインです。使用者に何かを与えたい人は向いているでしょう。

メガネが好きな人

メンバーである4Mはかせと気が合うと思われます。

ケモノが好きな人

メンバーである4Mおおかみと気が合うと思われます。

read more...

スケジュール

大まかな予定

予定は未定

日程 内容
4/26 卓展告知
5/2 募集一次締め切り
5/8 募集二次締め切り
5/10 顔合わせ
(決起会?)
第1回 java座学
(宿題:好きなもの)
第2回 UX座学
アイディア出し
(宿題:マンダラ)
第3回 KJ法と要素抽出
(宿題:事例)
第4回 制作物決定
第5回〜第15回 各自制作
相談
本番直前 設営
8/18 本番一日目
8/19 本番二日目
8/20 本番三日目